若ハゲの原因AGA|薄毛に悩む高校生が増えているって本当?

高校生 若ハゲ(AGA)
みゆき先生
みゆき先生

最近では、高校生や20歳代の若者でも

AGAに悩む方が増えているといわれています。

高額の育毛剤を購入したりするよりは、

まず、AGA専門のクリニックを訪ねてみましょう。

AGA治療を行うクリニックに20代前半の方が訪問するケースは珍しいことではないということです。AGAの悩みは、実は高校生から始まっています。

このぺージでは、高校生がなぜAGAを発症してしまうのか、その理由と対策について詳しく解説していきます。

若年性脱毛症とは?

高校生など、思春期の10代後半の方に起こるAGAと類似した症状は、「若年性男性型脱毛症」と呼ばれます。

若年性脱毛症は、言葉の通り若い年代の、10代後半から20代前半の方に発症する脱毛症のことを言います。本来、AGAは日本人男性の場合には 20 歳代後半から 30 歳代にかけて顕著となり,徐々に進行して 40 歳代以後にAGAの末期になるされています。
しかし、AGAの発症者の割合を見てみると、約10%は10代から発症しはじめており、高校生のAGAは決して珍しくはありません。

高校生のAGAも一般のAGAと症状は同じです。脱毛の進行も大人のAGAと同じで、生え際を中心にM字型に髪の毛が抜けていく方もいれば、頭頂部を中心にO字型に抜けていくという方もいらっしゃいます。

なぜ若年性脱毛症になってしまうのでしょうか?

そもそもAGAは、Androgenetic Alopecia:男性型脱毛症の略語であり、発症する原因の一つは男性ホルモンによるものです。
男性ホルモンの1つである「テストステロン」が「5αリダクターゼ」という酵素と結合して、「ジヒドロテストテロン(DHT)」というホルモンを新たに作り出してしまうことで発症します。

高校生の場合は成長期であるということもあり、 男性ホルモンの1つである「テストステロン」の分泌量が相対的に多くなっている時期ですので、AGAになりやすい時期ともいえます。
そのため、実は高校生からAGAを自覚し始めていた、という方が多いともいわれています。

その他にも、ストレスで頭皮の環境に影響を及ぼしたり、睡眠不足でホルモンバランスが乱れたり、食生活が乱れたりすることで薄毛となることもあります。
特に高校生は部活や学業、アルバイトなどによってストレスが溜まりやすかったり、食生活が乱れたり、睡眠不足に陥りやすい年代ですので、脱毛症の発症リスクを抱えている年代であるともいえるでしょう。

若年性脱毛症はどうやって対策していけばいいの?

若年性脱毛症は壮年期の進行した脱毛症と違い、早期に治療を開始することで脱毛を食い止めることができます。最近髪の毛が薄くなってきた気がする、抜け毛が増えてきた気がするという場合には、一度早めに医療機関を受診されるとよいでしょう。

もしも、若年性脱毛症と診断された場合には、AGAと同じように積極的な治療が推奨されます。ドラッグストアなどで販売されているシャンプや塗り薬の育毛剤では根本的な治療に結びつかないことが多いため、皮膚科のクリニックやAGAの治療を行うクリニックなどで医薬品を用いた診療を受けることをおすすめします。

また、若年性脱毛症を食い止めるためには生活習慣を見直すことも大切です。まずは、先ほどもお話ししたように日常生活を見直していくことが大切です。

高校生になると外での買い食いが増え、自分の好きな脂っこいものなどを食べる機会が増えてしまいますが、なるべく3食バランスのとれた食事をするように心がけましょう。学業やアルバイト、あるいは趣味の時間が忙しく、寝る時間が遅くなってしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、睡眠もしっかりと取り、ホルモンバランスを整えることも若年性脱毛症を改善するためのポイントであると言えます。また、友人関係や学業などストレスが溜まりやすい年頃ですが、自分の好きなことをしてストレスをためないように努めていきましょう。

これ以外にも、若年性脱毛症の対策として行っていきたいこととして頭皮を衛生的に保つことがあります。思春期はホルモンバランスが崩れやすく、皮脂の分泌量も過剰となり頭皮もべたつきやすくなります。頭皮がべたつきやすくなると皮脂が毛穴をふさいで、細く抜けやすい毛が生えてくるようになってしまいます。正しくシャンプーをして、頭皮を良好な環境に保っていきましょう。

特に高校生になるとヘアスタイルを意識してヘアワックスやスプレーなどを使用される方もいらっしゃるかと思いますが、これらも頭皮に残してしまうと、毛穴を詰まらせる原因となります。また、パーマやカラーリングなどで頭皮を痛めることも若年性脱毛症を進行させる一因となる可能性があります。髪の毛が薄くなってきた、抜けやすくなってきたという方は、一旦パーマやカラーリングを控えて頭皮を休ませてあげるというのも良いでしょう。

若ハゲ に関する関連記事

若ハゲの原因は?

若ハゲの原因としては男性ホルモンの作用や遺伝、生活習慣の乱れなどが考えられます。若ハゲといっても人それぞれ原因が違う場合がありますので、まずは自分の若ハゲの原因を突き止めて、その原因を解決するための適切な若ハゲ対策をとりましょう。

若ハゲの原因としてまず挙げられるのは「男性ホルモン」の影響ですね。男性ホルモンの中のテストステロンという成分が、若ハゲや薄毛の原因になると考えられています。

男性の場合ちょうど高校生くらいに第二次成長期などの影響でホルモンバランスが変化し、徐々にこの男性ホルモンの分泌が活発になっていくため、その過程で髪の毛が抜けて薄くなっていく場合があるようです。

それからはげの原因として有名なのに「遺伝」というものがあります。これははげ自体が遺伝するというよりも、体質などの遺伝によって「はげやすい体質」の家系にあるからと言えるかもしれません。

若ハゲの原因は生活習慣から

親子でも髪の毛の量に違いがある場合もたくさんありますし、個人の生活環境による部分も大きそうですね。したがって家族にハゲがいても諦める必要はありませんが、もし自分がはげやすい体質の家系だと思うならば、普段から若ハゲ対策は念入りにしておきましょう。

その他に多い若ハゲの原因としては、「酒・アルコール」や「タバコ」など、それから夜更かしによる睡眠不足などがあげられます。これらは特に若いうちに経験しやすいので、普段から酒やアルコールを良く飲んだり、タバコを吸う人は気をつけて下さい。

若いからといって無理をしていると、それが頭にきて若ハゲの原因になる可能性があるということです。

また、これは単純にお酒やタバコだけではなく、普段の偏った食生活やストレス環境などにもいえることです。若いうちは心身ともに色々な刺激を外部から受けやすいので、あまり疲れを溜めないように注意しましょう。

もちろん、過度なカラーリングやパーマなど、直接頭皮や髪の毛にダメージを与えることが若ハゲの原因になることは言うまでもありません。

睡眠・栄養不足は若ハゲのもと

特に男性の場合は男性ホルモンの分泌が活発になってくる時期でもあり、そのせいで男性特有の抜け毛が増える場合もあります。しかしこれはあくまでも正常な範囲の抜け毛ですので、実は薄毛やはげなどと悩む必要はないということも多いのです。

しかし、それとは別の原因で髪の毛が抜け落ちることもあり、これは主に睡眠不足や栄養不足などが影響となることがあります。高校生時代は夜更かしなどをすることが多く、食事もファミレスなどで済ませたりと不健康な生活をする人が多いです。

しかし体自体は成長期なわけですから大量の栄養を必要としており、その結果髪の毛まで影響がいきわたらずに若白髪や若ハゲの原因となったりするのです。

もちろん、未成年の飲酒や喫煙などももってのほかで、このような生活習慣の乱れが若ハゲにつながるということもゼロではありません。

もし原因に思い当たるようなことがあれば、若ハゲにはなるべく早く対処しておいたほうがいいでしょうから、一度育毛サロンなどに行って頭皮の状態と抜け毛の原因をチェックし、早めに改善するようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました