本文へスキップ

若ハゲの原因とは?生活習慣を見直す!

髪の悩みを解決しましょう!

To solve the problem of hair

若ハゲの原因について語ろう!

若ハゲの原因関連の記事

<目次>

若ハゲの原因は?

若ハゲの原因としては男性ホルモンの作用や遺伝、生活習慣の乱れなどが考えられます。若ハゲといっても人それぞれ原因が違う場合がありますので、まずは自分の若ハゲの原因を突き止めて、その原因を解決するための適切な若ハゲ対策をとりましょう。

若ハゲの原因としてまず挙げられるのは「男性ホルモン」の影響ですね。男性ホルモンの中のテストステロンという成分が、若ハゲや薄毛の原因になると考えられています。

男性の場合ちょうど高校生くらいに第二次成長期などの影響でホルモンバランスが変化し、徐々にこの男性ホルモンの分泌が活発になっていくため、その過程で髪の毛が抜けて薄くなっていく場合があるようです。

それからはげの原因として有名なのに「遺伝」というものがあります。これははげ自体が遺伝するというよりも、体質などの遺伝によって「はげやすい体質」の家系にあるからと言えるかもしれません。

若ハゲの原因は生活習慣から

親子でも髪の毛の量に違いがある場合もたくさんありますし、個人の生活環境による部分も大きそうですね。したがって家族にハゲがいても諦める必要はありませんが、もし自分がはげやすい体質の家系だと思うならば、普段から若ハゲ対策は念入りにしておきましょう。

その他に多い若ハゲの原因としては、「酒・アルコール」や「タバコ」など、それから夜更かしによる睡眠不足などがあげられます。これらは特に若いうちに経験しやすいので、普段から酒やアルコールを良く飲んだり、タバコを吸う人は気をつけて下さい。

若いからといって無理をしていると、それが頭にきて若ハゲの原因になる可能性があるということです。

また、これは単純にお酒やタバコだけではなく、普段の偏った食生活やストレス環境などにもいえることです。若いうちは心身ともに色々な刺激を外部から受けやすいので、あまり疲れを溜めないように注意しましょう。

もちろん、過度なカラーリングやパーマなど、直接頭皮や髪の毛にダメージを与えることが若ハゲの原因になることは言うまでもありません。

高校生時代の若ハゲについて

高校生時代に若ハゲで悩んでいた人はいませんか?まだ高校生という若さなのに、だんだんと髪の毛が薄くなっている気がして、いつも髪型にコンプレックスを抱えている…という人が実は多いようです。

この若い年代の薄毛やハゲという問題には、実は「本物」と「偽者」があるのでちょっと注意が必要です。

まだ高校生などの若いうちから若ハゲになるということは、一見すると何らかの問題を頭皮や髪の毛に抱えているようにも思えます。

しかし、実際は「髪の毛がたまたま抜けやすい時期」にあるだけで、本当は若ハゲの症状などは出ていないという場合があります。

これは抜け毛の原因に関わってくるのですが、そもそも高校生などの時期は男性にとってちょうど成長期にあたり、一時的にホルモンバランスなどが崩れることがあります。

睡眠・栄養不足は若ハゲのもと

特に男性の場合は男性ホルモンの分泌が活発になってくる時期でもあり、そのせいで男性特有の抜け毛が増える場合もあります。しかしこれはあくまでも正常な範囲の抜け毛ですので、実は薄毛やはげなどと悩む必要はないということも多いのです。

しかし、それとは別の原因で髪の毛が抜け落ちることもあり、これは主に睡眠不足や栄養不足などが影響となることがあります。高校生時代は夜更かしなどをすることが多く、食事もファミレスなどで済ませたりと不健康な生活をする人が多いです。

しかし体自体は成長期なわけですから大量の栄養を必要としており、その結果髪の毛まで影響がいきわたらずに若白髪や若ハゲの原因となったりするのです。

もちろん、未成年の飲酒や喫煙などももってのほかで、このような生活習慣の乱れが若ハゲにつながるということもゼロではありません。

もし原因に思い当たるようなことがあれば、若ハゲにはなるべく早く対処しておいたほうがいいでしょうから、一度育毛サロンなどに行って頭皮の状態と抜け毛の原因をチェックし、早めに改善するようにしましょう。

管理人の挨拶

長年、髪のことで悩み、色々な育毛剤や発毛剤などを使ってきました。そのような体験で得た知識や情報を集めてこのサイトを作りました。あなたが、髪の毛のことで悩んだとき、このサイトで、なにかのヒントが見つかれば幸いです。

ストレスをためずに睡眠を
よくとりましょう!

ストレスと寝不足は髪の毛の大敵です。
ストレスをためないように工夫し、睡眠を良くとるようにしましょう。