本文へスキップ

若ハゲ 原因 症状 対策

髪の悩みを解決しましょう!

To solve the problem of hair

若ハゲについて語ろう!

若ハゲについて関連の記事

<目次>

若ハゲってなんでなるの?

はげや薄毛で悩む人というと、つい中年の男性をイメージしてしまいがちですが、近は10代や20代の頃から若ハゲで悩む人が増えているといわれています。

若ハゲの原因は色々ありますので、一概にこれが若ハゲの原因だということは言えませんが、若いうちは生活習慣が特に乱れがちなので、まずは規則正しい生活を行なうことが若ハゲ対策の大前提となります。

人がはげや薄毛になる原因としては、食生活の乱れや不規則な生活、年齢による頭皮の老化やカラーリング・パーマなどのダメージ、そして遺伝などが考えられますが、若ハゲにもこれらのいくつかは当てはまるといえるでしょう。

まだ年齢が若い人の場合、髪の毛が傷んで抜け落ちるにしても、ある程度兆候のようなものがあります。例えば若ハゲになる前には妙にフケが多くでて頭皮にかゆみが走ったり、またはフケ自体が脂っぽかったりします。

若ハゲには誤解も多い?

このような状態で徐々に抜け毛が増えてくると危険信号なので、出来るだけ早めに育毛サロンなどにいって頭皮の状態をチェックしたほうが良いのですが、実は若ハゲには誤解も多く含まれています。

まだ中学生や高校生時代から若ハゲに悩む人も最近は増えてきていますが、実はこの年代の若ハゲに悩む人の中には、単なる勘違いの人とも多いです。

特に男性の場合、中学生から高校生にかけては第二次成長期にさしかかりますので、ホルモンバランスなどの影響から一時的に抜け毛が多くなることがあります。

またこの頃は体内の新陳代謝も活発であり、当然髪の毛も順調に伸びているが故に、逆に髪の毛の生え変わり時に抜け毛が多いように勘違いしてしまうことがあります。

人間の髪の毛というのは常時生え変わっているものですから、多少抜け毛が多くても問題はありません。もし抜け毛が気になる場合は、抜け毛の中にまだ短い毛がないかを探しましょう。

もし短い抜け毛があったとしたら、少し注意が必要です。なぜならまだ短い毛というのは、生え変わりのサイクルに含まれないはずのものですから、抜けた原因が他にある可能性が高いからです。

若ハゲで悩む人は、単なる一時的な生え変わりなのか、それとも本当に抜け毛が進行しているかを専門のサロンなどで確認することが大切です。

若ハゲを克服しよう!

ハゲで悩む人の数が年々増えてきているそうですが、まだ若い年代なのに髪の毛が薄いという人(特に20代)が急激に増えてきているそうです。

しかし、まだ若いうちならばハゲの対処というのも可能なはず。若ハゲで悩んでいる人は諦めないでまずは抜け毛などの原因を調べましょう!

基本的に若ハゲが発生する原因としては、遺伝的な問題やホルモン(男性ホルモン)などの問題、それから日々の生活習慣などが若ハゲの原因となっている場合がほとんどです。

若い世代の人の場合は、加齢によって肌がおとろえて抜け毛が増えるというわけではありませんので、壮年性の脱毛症とは違うということですね。

したがって、若ハゲを克服するためにはなるべく規則正しい生活をすることが大事です。
具体的には以下の2つのポイントを意識する必要があります

 1.抜け毛の原因をなくして髪が抜けるのを防ぐこと
 2.ハゲてしまった部分から新しい髪の毛を生やすこと

若ハゲから卒業するための具体的な対策

若ハゲを克服するためには、まずはこれ以上ハゲが広まらないように抜け毛を抑えることが肝心です。

そのために最重要なのは頭皮を健康な状態にすることなので、まずはシャンプーを変えるところかははじめましょう。

頭皮の環境に一番直接的な影響を与えるのはシャンプーです。だからなるべく頭皮に優しくて、抜け毛予防の効果があるシャンプーを使うことが大事です。

次に取り組むことは「新しい髪の毛を生やすこと」です。これができないといつまでたっても若ハゲから卒業することはできないからです。

先ほど書いた頭皮に優しいシャンプーを使うことで、同時に髪の毛が生えやすい環境も整っていきますので、さらに後押しとして育毛剤を使って新しい髪の毛の発毛を促します。

やはりシャンプーだけではなかなか新しい髪の毛が生えるところまではいかないので、
育毛剤を使って積極的に栄養を与えていく方が効果的だからです。

以上の2点をしっかり守った上で、なるべく規則正しい生活も心がけるようにすれば、若はげの克服にもかなりの効果が期待できると思います。

実際、私自身も色々な育毛シャンプーや育毛剤などを試してみましたが、抜け毛防止シャンプーと育毛剤を合わせて使ったときが一番発毛に実感が持てました。

実際に使ってみて最も発毛に効果があったシャンプーと育毛剤はこちらのページで紹介しているので、若ハゲに悩んでいる人は参考にしてみて下さい。

若ハゲは諦めなければきっと克服できます!

M字ハゲの原因と対策について

M字ハゲが気になる男性が増えていますが、M字ハゲの原因と対策法はご存知ですか?M字はげなどの男性型脱毛症の主な原因は、いわゆる男性ホルモン だと考えられています。男性ホルモンの一種である「ジヒドロテストステロン」というのが、M字ハゲや男性型脱毛症の原因ではないかと考えられています。

髪の毛が抜ける原因としては老化なども考えられますが、昔から「男性ホルモンが強い人ははげやすい」といわれるように、M字ハゲになる人の多くも男 性ホルモンの影響が考えられます。M字ハゲに効果がある対策法としては、男性ホルモンを抑制するタイプの飲む育毛剤などがひとつ挙げられます。有名なのは プロペシアなどの育毛剤で、M字ハゲや男性型脱毛症で悩む人に注目されています。

プロペシアのほかにもミノキシジルという発毛剤があり、こちらもM字ハゲなどで悩む男性には人気のようです。プロペシアの効果は、男性ホルモンの働きを抑制抜け毛を防止することです。男性型脱毛症を防ぐことが期待されています。

M字ハゲ対策とM字ハゲでも似合う髪形

ミノキシジルの方は頭皮全体の血行をよくする育毛剤で、男性ホルモンの変換酵素阻害作用などがあると注目されているらしいです。どちらも実際に発毛効果があったという口コミがありますので、M字はげで悩む人にとっては助けとなる育毛・発毛剤かもしれませんね。

M字ハゲでも似合う髪形というのはあるのでしょうか?M字ハゲで悩む人というのは、完全に髪の毛がなくなってしまったわけではないですから、ある程度ヘアメイクの腕があればハゲをカバーできそうです。

M字ハゲといわれて連想する髪型といえば、アニメのキャラになりますがドラゴンボールのべジータの髪型などがぱっと頭に浮かびます。

ただ、ああいった髪型はリアルではできませんので、結局のところM字はげなどを隠すためには前髪を長くしておろすか、あるいは思い切って坊主頭にし てしまうのが好感度が高いそうです。無理に M字ハゲを隠そうとするのではなく、さっぱりとした坊主頭にしてしまうのが一番似合う髪形対策なのかもしれま せんね。

M字ハゲの進行具合と症状

M字ハゲという言葉を聞いたことがあると思います。M字ハゲとは、通常の薄毛とはちょっと違います。通常は頭の上、つまり頭頂がから進行して行った り、全体的に薄くなってくるのが普通の薄毛やハゲと呼ばれる症状ですが、M字ハゲはちょうど額の両側から薄くなっていくため、「アルファベットのMの形」 に髪の毛が生えているように見えます。

このように「アルファベットのM」に見えるためM字ハゲと言われるのですが、M字ハゲは通常の薄毛と違い原因が遺伝的要素が強く、育毛剤などでは効果が薄いと呼ばれている薄毛です。育毛剤をすでに使っている方にとってはとても衝撃的な事実かもしれませんね。

しかも国内で生産されている育毛剤は、特にこのM字ハゲに効果があるものは少ないらしいのです。遺伝と言うものが原因である以上、いくら血行をよくしても、また頭皮を清潔に保っていても、よい効果を得るのは難しいというのが現在の通説のようです。

海外製育毛剤はM字ハゲに効くのか?

海外で生産された育毛剤の中の一部では、M字ハゲに効果があるといわれているものも存在するようですが、海外品と言うだけでも不安に思う方もいるで しょう。とても対策の難しいM字ハゲですが、当然普通の薄毛にとる対策も行うことは最低限必要だと思います。たいした効果を感じることが出来ないのが悔し いところですが、少しでもM字はげの進行を遅らせたいですからね。

しかし、M字ハゲだからといって絶望する事はありません。今は昔と違い専門クリニックで画期的な技術も開発されています。例えばヘアコンタクトと言 うものも発売さています。CMなどで見かけたことがあるかもしれませんね。このような対策を取る事は費用がかかると思いますが、ヘアコンタクトなどはM字 ハゲでお悩みの方にはとてもよいのではないかと考えられます。自分の髪ではありませんが、M字ハゲを隠す事は十分可能だからです。

しかもヘアコンタクトは、ほとんど本物の髪との区別がつかないところもよいところです。カットなども出来るようですよ。どうしても気になる方は一度 相談されてみてもよいのではないでしょうか?育毛サロンなどの専門クリニッ
クには髪の毛のプロがいますので、あなたにとって最適な方法をアドバイスしてく れると思います。M字ハゲの対策のひとつとして、選択肢にいれておきましょう。

若ハゲの原因若ハゲの対策 | 若ハゲの予防方法