本文へスキップ

抜け毛の原因 抜け毛対策

髪の悩みを解決しましょう!

To solve the problem of hair

抜け毛の原因を知って抜け毛対策を!

抜け毛の原因関連の記事

<目次>

食事・酒タバコが原因の抜け毛に

抜け毛対策をするためには、まず抜け毛の正確な原因を確かめなければなりません。

一般的に抜け毛の原因として考えられるのは、栄養不足・ストレス・頭皮の汚れなどです。これらは抜け毛の直接的な原因となりますのでしっかりとチェックしておきましょう。

例えば栄養不足に起因する抜け毛の場合、まずは偏った食生活などが原因として考えられます。コンビニやファーストフード、ファミレスなどで食事を済ませ、野菜やビタミン・ミネラルなどを取らない偏った食生活をしている場合、それが当然体に悪影響を及びます。

頭に関しては、栄養を髪の毛に伝えるための毛細血管などの流れが悪くなり、髪の毛に栄養が伝わらずにやせ細ってしまうということが考えられるでしょう。

また、お酒やタバコなどの刺激成分を含む嗜好品を好む人も同じような危険性があります(タバコは毛細血管を収縮させます)。

精神的ストレスが原因の抜け毛

食生活以外にも、普段から強い精神的なストレスなどを感じている人は、ストレスによって自律神経などに負担がかかり、やはり体内の血流の流れが悪くなってしまうことがあります。

それが頭皮の状態を悪くし、髪の毛の元気を奪って抜け毛につながるというわけです。精神的な負担が肉体に強く影響することもありますので、ストレスが抜け毛の原因になる可能性があるという事はぜひ覚えておきましょう。

そしてもうひとつ、もっとも直接的な原因となり得るのが頭皮の汚れや毛穴のつまりです。人間は生活していくうえで、たくさん汗をかいたり、埃をかぶったりなどしますので、常に毛穴には汚れや皮脂などがつまった状態になりがちです。

この状態を毎日シャンプーなどをすることでケアしていくわけですが、そのような頭皮のケアを怠っている場合、頭皮が汚れ毛穴がつまり、それが原因で抜け毛になってしまうことがあるのです。

汚れというのはもっとも対処しやすい原因ではありますが、逆に毎日こまめにケアしなければいけない部分でもありますので、面倒くさがらずに毎日の頭皮ケアやシャンプーを心がけましょう。

赤ちゃんの抜け毛は異常なの?

抜け毛で悩む大人は男女問わずかなりたくさんいますが、赤ちゃんの抜け毛というのは気にしたことがありますか?子育ての経験がない方はわからないか もしれませんが、実は赤ちゃんの抜け毛が心配で不安を抱えているお母さんというのはかなり多いようです。通常、抜け毛というと成人男性や中年の女性などに 多い悩みといわれていますが、実際には老若男女問わずに抜け毛の問題というのは発生しています。

なぜなら抜け毛や白髪というものは、単なる体の不調や老化だけではなく、精神的な面での負担から抜け毛や白髪などになることもあるからです。特に赤 ちゃんの場合は自分の口で不満などを言葉で表現する事は出来ませんから、赤ちゃんの抜け毛がたくさんあったら誰でも不安に思ってしまいますよね。

赤ちゃんの抜け毛は正常なものです

しかしご安心下さい、赤ちゃんの抜け毛というのはそこまで心配するものではなくごく普通の事です。赤ちゃんの抜け毛が気になる人というのは、おそら く寝かせていた赤ちゃんを起こした際に、まくらなどにたくさんの抜け毛がついていることを気にしているのだと思いますが、これは特に問題があるわけではな いのです。

もともと生後間もない赤ちゃんの場合、1歳くらいまでの間に髪の毛の生え変わりがありますし、また1日のうちの多くを睡眠で過ごしている赤ちゃんの 場合、どうしても頭が枕などとこすれるため抜け毛が多くなってしまうのです。ですから特に抜け毛が多いからといって病気というわけではありませんので、な るべく頭皮に刺激を与えないような繊維の枕やタオルを使用して下さい。

ただし、あせものような感じで皮膚に異常が見られる場合は早めに医者に見せた方がよいでしょう。抜け毛だけならさほど気にする必要はありませんが、他の症状が見られたときは油断せずに早めに対処してあげて下さい。

女性特有の抜け毛:産後の抜け毛

女性特有の抜け毛として多くの人が抱える悩みとして、産後の抜け毛というのがあります。10ヶ月間つわりや体型の変化、精神的ストレスなどに耐え、やっとの思いで出産した後にやってくるというとてもやっかいな抜け毛の心配です。

産後60パーセントもの方が経験するこの産後の抜け毛は、ホルモンの変化によって起こる現象であり、今後もずっと続くという心配はあまりないと思っ てよいでしょう。ただ、一時期に多く髪の毛が抜けるため、薄毛が気になったりするかもしれませんが、6ヶ月から1年くらいで回復してくるので、あまり心配 しすぎもよくありません。産後の抜け毛の気にしすぎで、精神的なストレスを感じて円形脱毛症にまで発展したら大変だからです。

産前の髪の毛のケアに注意

産後の抜け毛の場合、髪の毛が抜けるのは勿論ですが、体毛が全体的になくなる事もあるようです。女性にとって髪以外の体毛が薄いのはありがたいことですが、髪の毛だけは別問題なのでやはり気になりますよね。

また、産後の抜け毛は心配ないといいましても、ぎょっとするほど抜ける事もあるのでやはり不安に感じることもあります。しかし、だからといって育毛 剤やサプリメントを使っても、原因がホルモンの問題ですので思うように改善してくれないのが難点ですし、授乳中にはあまりよくありません。

産前にカラーやパーマなどで髪が痛んでいる人ほど、抜け毛がひどくなるかもしれませんので、産後の抜け毛を予防するためにも妊娠中の髪の毛や頭皮のケアを怠らないようにしましょう。特にダメージを与えるようなことはしないほうが懸命でしょう。

高齢者の方は少し注意が必要

また、まれですが高齢出産の方で産後の抜け毛が回復しないケースもあるようです。その様な場合早めに皮膚科を受診して医師の診察を受けた方がよいで しょう。産後の抜け毛の予防法としては、とにかく子育てで忙しいのははわかりますが、ご自身のことにも気を使うようにしたほうがよいでしょう。

特に食事面ですね。バランスの取れた食生活を送る事はとても重要です。赤ちゃんの夜泣きなどで寝不足や、ストレスが加わってしまう事は仕方のない事 かもしれませんが、ご家族の協力を得て乗り越えていきましょう。薄毛は気にしすぎることが一番よくありません。よくなるものと気楽な気持ちでリラックスし て、しっかり食事をとって規則正しい生活していく事を心がけるようにしましょう。