本文へスキップ

髪の毛の悩みを、解消しましょう!

髪の悩みを解決しましょう!

To solve the problem of hair

会社方針CONCEPT

自分でできる育毛対策について

育毛対策についてしっかりと計画を立てていますか?

育毛対策は現在の科学を持ってしても根気と時間がかかるものです。
無茶な育毛対策は行なわずに、しっかりと計画を立てて長期的に取り組みましょう。

このページでは育毛対策に関する様々情報を取り扱っています。

まずはどのような育毛対策があるのかを知らべ、
自分に出来ることから少しずつ育毛対策を行なってみて下さい。

自分でできる育毛対策関連の記事

<目次>

アロエ酒で育毛をする時の作り方

アロエ酒が育毛に有効だという話をご存知でしょうか?

これはアロエに含まれているアロインという成分の効果で、抜け毛や男性型脱毛症の原因となる5αリダクターゼという成分の働きを抑制する効果があるからだそうです。

これがアロエ酒が育毛に効果的だといわれている理由のようです。

育毛に効果的な成分というのは色々ありますが、アロエは昔から美容に役立つといわれている植物ですから、育毛にも効果があるというのはうれしいですね。アロエ酒を上手く活用して育毛に取り組みましょう。
育毛に効果的といわれているアロエ酒を実際に作ってみましょう。

アロエ酒の作り方

アロエ酒を作る場合は、まずアロエの葉を数枚切り取って細かく切ります。だいたい8枚程度の葉っぱがあれば十分だと思います。それらを3?p程度の長さに細かく刻んでいきましょう。

アロエの葉が刻めたら、その切ったアロエの葉を数日間陰干しして乾燥させます。アロエには多くの水分が含まれますので3日程度はかかると思います。

アロエが陰干しできたら、80グラムのアロエを1升ビンに入れます。そのまままた2週間ほどつければアロエ酒が完成しますので、中に入れたアロエの葉は取り除いて使用しましょう。

実際にアロエ酒を作るまでにはしばらく時間がかかってしまいますが、これも育毛のためだと思えばやる価値はありますので、薄毛やはげで悩んでいる人は育毛のためにアロエ酒の作り方を見てぜひ挑戦してみて下さい。

完成したアロエ酒は、スプレーなどの容器に移して毎日朝と夜に2回頭部に吹きかけるようです。あまりアロエ酒は長持ちしませんので、2ヶ月程度目安に使い切って下さい。

育毛に使うものですから、変に長く使ってはダメです。また、アロエ酒の作り方にかきましたが、お酒は焼酎を使いましょう。育毛剤のように頭皮に散布して使うものですから、あまり強すぎない普通に売られている程度のもので十分だと思います。

アロエが育毛に役立てば本当に素敵なので、薄毛やはげで悩んでいる人は一度お試しを。

アロエを使った育毛

アロエは昔から、やけどや日焼けをしたときに塗って使ったり、とても肌によいということで色々な商品に使われてきました。化粧品は勿論、ヨーグルトなどに入っていてとても美味しく食べれる商品もあります。

アロエは育毛にも役に立つといわれているようです。アロエを使った育毛剤も開発されています。アロエエキスやアロエ酒を使って頭皮をマッサージ方法もあるようです。

アロエでマッサージする事により、抗菌作用や抗炎症の他にも、新陳代謝を促進させ頭皮を活性化してくれるようです。

アロエに含まれるアロインという成分が、薄毛の原因となっているものを抑制して、頭皮を清潔にし育毛環境を整える効果を期待出来るようなのです。

アロエの成分のアロインは果肉部分ではなく、皮の部分に多く含まれています。アロインが抑制するのは、男性型脱毛症の原因であるDHTの生成だそうです。

アロエの育毛剤はどちらかというと女性よりも男性に有効という事なのでしょう。マッサージに使うアロエ酒は手作りする事も出来るそうですよ。日本の家庭でもよく栽培されているアロエを使って作れるそうです。

作り方も簡単なようなので、興味のある方は一度作ってみてはいかがでしょうか?

アロエで作る育毛剤

必要なのはアロエと焼酎(25度)漬け込むだけで出来上がるようですよ。作り方は、インターネットでも調べることが出来ます。自分で作るものだから、化学薬品などの心配もなくて安心できるのではないでしょうか?

ただしアロエは栽培方法によって成分が大きく違ってくる事もあるようです。肥えた土地でじっくりと育てたアロエを使用したほうがよいそうです。

まるで髪の毛と頭皮の事のようですね。アロエの育毛効果についてはTVでも取り上げられる事が多く、実践している方もたくさんいらっしゃるようです。

このようにアロエは育毛と深い関係がある植物なのです。アロエを使った育毛法を試した事がない方は、一度試してみたらいかがでしょうか。もしかしたらよい効果が出るかもしれません。